大学生と中古バイク

先日久しぶりに通った道で、新しいお店が何件かオープンしていました。

中でも道の角にできたケーキ屋さんは近所でも評判のお店のようで長い行列ができていましたが、何年か前にその道を通ったときにはそこにはバイク屋さんがありました。

実際私が学生の時には、そのお店で中古バイクを買いました。

以前あったバイク屋さんは潰れてしまったのか、事情があって自分でやめたのかわかりませんが、今はケーキ屋さんに変わっていました。

私の家の近くには大学があり、大学の近くのバイク屋さんは人気があって、今でも繁盛しています。

そのお店はいつでも大学生たちが中古バイクを見に来ます。

中古バイクを買う大学生たちは、大抵バイクに詳しい人はいないと思います。

高校を卒業して、車の免許はとったものの車を買うほどの余裕はないので、原付の中古バイクを買おうと思ってやってきます。

中でもスーパーカブが根強い人気があり、みんなスーパーカブは丈夫なので長く乗れると思っています。

ネットで調べてみると、カブの中古がたくさん見つかりますが、バイクを買うときにネットの情報を信用してもいいのでしょうか?

日常で使う商品や、壊れてもいい物ならばネットで安く買うこともできますが、中古バイクを買うときに実際に見ないで写真だけで購入することはやめたほうが良いでしょう。

特に、オークションなどで安く購入しても、すぐに壊れて、修理代の方が高くなることもあります。

写真では問題ないように見えても、エンジンの調子や始動性などは、実際に乗ってみないとわかりません。

◇こちらも押さえておきましょう>>自動車とは“仕組み”が違う! 「バイク保険」のポイント解説|オリコンCSランキング

コメントは受け付けていません。