中古バイクを買うときに

ネットを使って中古バイクの情報を調べてから、そのまま購入するのではなく、実際にバイク屋さんに行って試乗するようにしましょう。

では、実際にバイク屋さんに足を運んで中古バイクを買う時にはどんなことに注意したらいいのでしょうか?

まず、何台ものバイクを見て気に入ったバイクに目をつけます。

値段も重要ですが、色や外装に加えて、傷が無いか、歪んでいないかも、よくチェックしておくと良いでしょう。

気に入った中古バイクが見つかったら、一歩さがってバイク全体を見るようにして、横からだけではなく、前後、左右など様々な角度から見るようにして、問題がないかを見極めます。

中古バイクなので、細かい傷にはこだわらないようにします。

どのみち、長くバイクを乗っているうちに傷がついてくるので、初めて買うバイクなら運転技術を習得するための練習用として割り切って買うのがベターでしょう。

しかし、バイクが全体的に歪んでいたりすると、以前に大きな事故を起こしているかもしれないので注意が必要です。

実際に見終わったら、試乗するようにして、自分乗った時の足の感覚はどうか、ハンドルを握ると体はどんな体勢になるのかを前もって確認しておくことが重要です。

調子が悪い部分が見つかったならすぐにバイク屋さんに言って、修理してもらいます。

購入後でも細かい部品は交換することができますが、余分な出費はできるだけ避けたいので、買う前にきちんと修理してもらいましょう。

コメントは受け付けていません。