バイクフェアのおすすめ

バイクのフェアで打ち出されている期間限定にはどんな意味があるのでしょうか。

安物なのかどうか、少しお話ししてみましょう。

■目玉商品は安物ではなくお買い得品。

中古バイクのフェアに「期間限定」で売り出している目玉商品というのは良くあります。

これはどのような中古バイクかというと、集客用のバイクであることが大半です。

ですから安物というよりは、お買い得なバイクと考えたほうが妥当です。

決して“ワケありでオススメではない”タダの中古バイクではありません。

販売店にも売上げの目標があります。

フェアと銘打った限りは賑わいを獲得しないと意味がないので、必ず掘り出し物を用意しています。

■メンテナンスの状態を細かく聞くことが大事。

店頭に行ってその目玉の中古バイクが意中のものだったら、メンテナンスの状態を細かく聞き出しましょう。

掘り出し物が大半ですが、中にはレストア同然の事故車をメンテナンスして売っているお店もあります。

オススメはメーカー系列の中古バイク専門店に行くことです。

メーカー系列なら純正部品でメンテナンスされているので、同じ中古バイクでも持ちがいいはずです。

日頃から通ってできるだけ懇意になり情報を引き出しておくことです。

■中古バイクのフェアにもいくつか種類があります。大規模なフェアより、住んでいる街の身近なショップに行きましょう。

大規模な総合的フェアは、中古バイクを買ったあとの責任の所在が曖昧になるケースが多くあります。

住んでいる街の身近な中古バイク専門店なら、親しくなればなるほど、親身になっていいバイクを紹介してくれます。

売る側も人を選り分けます。客の値踏みをしているものです。

コメントは受け付けていません。