作成者別アーカイブ: admin01

バイクフェアのおすすめ

バイクのフェアで打ち出されている期間限定にはどんな意味があるのでしょうか。

安物なのかどうか、少しお話ししてみましょう。

■目玉商品は安物ではなくお買い得品。

中古バイクのフェアに「期間限定」で売り出している目玉商品というのは良くあります。

これはどのような中古バイクかというと、集客用のバイクであることが大半です。

ですから安物というよりは、お買い得なバイクと考えたほうが妥当です。

決して“ワケありでオススメではない”タダの中古バイクではありません。

販売店にも売上げの目標があります。

フェアと銘打った限りは賑わいを獲得しないと意味がないので、必ず掘り出し物を用意しています。

■メンテナンスの状態を細かく聞くことが大事。

店頭に行ってその目玉の中古バイクが意中のものだったら、メンテナンスの状態を細かく聞き出しましょう。

掘り出し物が大半ですが、中にはレストア同然の事故車をメンテナンスして売っているお店もあります。

オススメはメーカー系列の中古バイク専門店に行くことです。

メーカー系列なら純正部品でメンテナンスされているので、同じ中古バイクでも持ちがいいはずです。

日頃から通ってできるだけ懇意になり情報を引き出しておくことです。

■中古バイクのフェアにもいくつか種類があります。大規模なフェアより、住んでいる街の身近なショップに行きましょう。

大規模な総合的フェアは、中古バイクを買ったあとの責任の所在が曖昧になるケースが多くあります。

住んでいる街の身近な中古バイク専門店なら、親しくなればなるほど、親身になっていいバイクを紹介してくれます。

売る側も人を選り分けます。客の値踏みをしているものです。

走行距離は中古バイク査定に影響されるか?

中古バイクでも、日頃の扱いによってエンジンなどのパーツの状態が変わり、査定に反映されます。

何が影響するのかお話ししましょう。

■走行距離が評価のすべてではない。

中古バイクを一括査定システム(見積もり)を使って買取に出した場合、問題になるのは走行距離によってエンジンなどのパーツや部位にどの程度のダメージがあるかです。

走行距離だけで査定額がダウンするということはありません。

市街地を暴走なしに安全走行していた人は、同じ走行距離の中古バイクでも状態は良く、傷や摩耗などは少ないので査定額が上がります。

■オフロード系の中古バイクは傷みも大きい。

市街地ではなく、オフロード系の人、あるいは長距離のツーリングを楽しんでいた人は、中古バイクとしての損傷も激しいので高値は付きません。

バイクはエンジンが命なので、そのエンジンにどの程度の負荷がかかっていたかです。

あとは人気車種かどうか、レア車なのかなど、中古バイク市場での需要と供給で引き取り手の値段が決まります。

レストア車などの場合は、最悪、買い取ってバラバラに分解し部品売りにされます。

■中古バイクを査定に出しても、走行距離だけでは評価されません。

エンジンの状態がメインで、あとは型式・年代や人気度です。

中古バイクも、究極のところはオーナーの乗り方が買取価格に反映されるものです。

走行距離などを気にする必要はありませんが、少なくてもこまめな整備を行ってきたかがバイクの状態に投影されてしまいます。

最後はきれいに磨いてあげましょう。

カスタムオーダーしたバイクは中古?

バイクにもいろいろあります。

1ヶ月でも乗れば中古バイクになってしまうので、カスタム派の人は、中古という概念を捨てましょう。高値交渉はそれからです。

■中古バイク目線なら、タダの中古扱いに。

カスタム仕様で自分なりの楽しみを満喫するのはいいけれど、中古でボロボロになってバイク買取に出そうと思ったとき、不安にかられるのが、買い取ってもらえるかどうかということです。

ボロボロでなくてもドレスアップの度合いによっては、買い取ってもらえないケースもあります。レストア車といって、事故車同然の中古バイクと同列でみてしまうバイク屋さえあります。

しかし常識的には、引取先はあります。高値かどうかは別問題ですが。

■カスタムの共感者に譲ったほうがいいかも

回答者である私の友人にも、カスタムに取り憑かれた男がいました。

ワイドホイール・極太タイヤに変えて以来、その独特の乗り心地に取り憑かれて、止まらなくなったそうです。

しかし無事にバイク買取に出せて、いまではカスタムも中古バイクも卒業。大型のバイク免許を取得して、新車でごく普通の市街地走行を楽しんでいます。

カスタム車はネット上に愛好者のグループがたくさんいます。

中古バイクとして買取に出すという発想ではなく、そういう同系の仲間にアピールしたほうが高値が付きます。

■カスタムオーダーしたバイクは中古ではない

カスタムオーダーでアレンジした中古バイクは、中古バイクという概念を捨てましょう。

そうでないとバイク買取に出しても不利です。

中古バイクであっても価値はオーナーによって違うものです。

中古というくくりでバイクを手放すのではなく、愛車のままで価値を共有できる人に譲った方がずっと後味もいいはず。

理解者が多く、高値の交渉ができて行く末も見守れます。